【人気の高い治療法】ボトックス施術を受ける前に副作用を確認しよう

  1. ホーム
  2. 保険適用外の治療

保険適用外の治療

ナース

ボツリヌストキシンともいわれるボトックスは、食中毒の原因になる毒素になります。美容外科ではこの毒素を使ったコースがあり、しわに効果があるボトックス注射です。ボトックス注射はしわやたるみを解消したり、エラが張ったりしている人にも効果があります。しわやたるみそしてエラには、筋肉が原因で起こっている人がいます。ボトックス注射は筋肉を緩める作用があるので、こわばった筋肉を緩めることでしわやたるみがなくなります。ボトックス注射の持続効果は1年から2年くらいで、定期的に打つことで継続させることもできます。しかし注射の美容整形でも副作用があるので、何度もたくさんの量を打ちすぎることに注意が必要です。一般的な副作用としては脱力のような症状、そして痛みがあったり発疹が出来たりすることもあります。普通の副作用であれば時間の経過で解消され、日に日に落ち着いていくので心配はありません。副作用は他にも症状がありますので、異常を感じたらすぐに医師に相談することが大事です。またボトックス注射は保険適用されるもの、そして保険適用されないものがあります。多汗症のコースは保険適用されますが、しわやたるみは保険適用外になってしまいます。美容外科では美容を目的にしているので、自由診療といった保険適用外の治療になります。保険適用外は自己負担になりますので、普通の病院よりも治療費が高くなってしまいます。しかし自由診療というのはいろいろな施術ができるので、どんな美容の悩みも解消出来るのが魅力です。また美容外科は保険適用外になりますが、さまざまなサービスも充実しています。カウンセリングやアフターフォロー、通院に必要な治療費などがサービスになっています。他にも費用を安くするサービスもあるので、美容外科の会員やモニターになることで費用が安くなります。会員やモニターは3割くらいは安くなり、モニターの場合は半額や無料になることもあります。美容外科のモニターは宣伝用モデルなので、顔写真や体の写真を掲載されるのが条件になります。掲載される写真の範囲は選べるので、プライバシーも守ってもらえます。