【人気の高い治療法】ボトックス施術を受ける前に副作用を確認しよう

  1. ホーム
  2. 人気の美容整形は種類豊富

人気の美容整形は種類豊富

医師

施術は信頼度で選んで安心

美容整形の分野で注目を集めているボトックスは、筋肉の動きを抑えてシワを目立たなくする効果や、筋肉で生まれていたボリュームを抑えることでスッキリとした見た目を作る効果があります。そのため、ボトックスの注射は主に顔のシワやエラの対処法として非常に人気のある施術です。ボトックスはアメリカの医薬品メーカーが国際商標権を持つ医薬品ですが、現在は韓国やイギリスなどでも開発が盛んに行われています。そのため、ボトックスと呼ばれる施術の種類はかなり豊富です。まず世界的に最もメジャーであり、多くのクリニックで採用されているのが、アメリカのアラガン社が販売している「元祖ボツリヌストキシン製剤」です。国際商標権を持つのがこのアラガン社であることに加えて、日本の厚労省も安全性を認めていることから、最も信頼度が高いと言われています。日本で「ボトックスビスタ」と呼ばれるのが、このアラガン社製ボトックスです。その特徴は、薬剤が広がりにくいために治療したい部分へピンポイントで効くこと、抗体ができにくいことから繰り返し使用しても効果がしっかり見られることなどが挙げられます。ただし効果が高い分、料金も他と比較して高額であったり、品質が劣化しやすかったりといった点がデメリットです。ボトックスは頭痛などの軽いものから、アナフィラキシーショックなど重篤な症状までが副作用として考えられますが、ボトックスビスタを使用した際に副作用が発生する確率はかなり低いとされています。料金の安さで人気なのは、韓国のヒューゲル社が開発した「リジェノックス」です。ボトックスビスタと同じく抗体ができにくいため、繰り返し使用しても問題ありません。また、韓国で何度も臨床試験が行われ、かつ公的機関で認可を受けている医薬品なので、その安全性はしっかりと保証されています。副作用もほとんど見られていないため、料金が安いといってもリスクを心配する必要は無いようです。料金はやや高額であるものの、薬剤が広範囲に広がるためエラなどの部位に好まれているのは、イギリスのイプセン社が開発した「ディスポート」です。シワやエラ以外にも多汗症の治療などにも使用されています。それぞれのボトックスを比較するとどれも副作用の心配は少ないようですが、実際に選ぶ時はどれが最も信頼できる薬剤かを基準にすると良いでしょう。