【人気の高い治療法】ボトックス施術を受ける前に副作用を確認しよう

プチでもリスクがあること

女の人

ボツリヌス菌を入れるボトックスは、アメリカで生まれた美容整形の方法です。ボトックス注射という美容整形で、美容外科ではしわやエラなどに用いられています。ボトックス注射には顔面神経麻痺や内出血があり、アレルギー反応の副作用が稀にあります。

注射をするときの注意点

注射器

美容整形にはさまざまな方法がありますが、中でも人気なのは簡単なプチ整形になります。プチ整形の代表であるのが注射で、ヒアルロン酸は一番利用されています。またヒアルロン酸の次に利用されているのが、ボトックス注射になっています。ボトックス注射には主にしわやエラ張り、そしてわきがや多汗症の美容整形に利用されています。このボトックス注射はボツリヌストキシンが成分で、アメリカ製のものが美容外科では主流になっています。ボトックス注射は筋肉を緩める作用がありますので、しわやエラ張りを改善することができます。また、わきがや多汗症にも効果があり、口角を上げる美容整形もあります。このボトックス注射は美容整形でも安全で、副作用がほとんどないといわれている方法です。しかし美容整形には絶対に安全が100パーセントというのはなく、稀に副作用が出てしまう人もいます。ボトックス注射の副作用に多いのが、表情が変わってしまうことです。ボツリヌストキシンは表情筋を緩めるので、左右でバランスが違ったりすることがあります。この副作用は2週間以内で落ち着く場合も多いので、少し様子を見てから相談するようにします。他にも副作用には眼瞼下垂の症状がありますが、ボトックス注射を打つ場所で出てしまいます。表情筋を緩める作用のある注射なので、まゆげやまぶたの近くに打つと持ち上げることができないからです。他には頭痛という副作用も出ることがあり、ボトックス注射の後に頭痛が起こる人もいます。ただこの頭痛は一時的なことが多いので、少し経てば落ち着く副作用といえます。そんなボトックス注射ですが美容整形では安いほうで、1万円から5万円くらいが相場になっています。またしわでも全体的なものや、大きくエラが張っている人は10万円以上の料金がかかります。副作用の危険性がほとんどないといわれるボトックスは、手軽に受けられる美容整形のひとつです。美容外科や美容皮膚科で受けることができ、美容サロンへ行く感覚でできるようになっています。たくさんの年代の人が受けられるように、施術や費用を改良しています。

人気の美容整形は種類豊富

医師

注目を集めている美容整形「ボトックス」は世界各国で研究・開発が行われているため、ボトックスと呼ばれる施術には様々な種類が存在します。それぞれの違いは料金の高さや効果のある範囲で見られますが、副作用の心配が特に考えられるものは無いようです。

思わぬトラブルに備えて

水着の人

簡単そうに見えるボトックス注射にも他の薬剤と同様に副作用はあります。とは言え、殆どの場合は事前に知っていれば冷静に対処できる一時的なものですので、大げさに心配する必要もありません。副作用についてある程度知識を身につけておきましょう。

無知はトラブルを呼ぶ

カウンセリング

ボトックスを事前調査なしで受けることはやめましょう。とくに副作用の調査は重要です。違和感があってもそれが副作用と分からなければ、見過ごすことになりかねません。安全性の高いクリニックを選ぶためにも、情報が必要になります。

保険適用外の治療

ナース

毒素と聞くと怖いイメージですが、美容整形では毒素で綺麗になれます。ボトックス注射は食中毒の菌で、しわやエラに高い効果を表します。脱力や筋肉痛などの副作用はありますが、美容外科はアフターフォローがあるので安心です。